ホーム>建築Studio_Kブログ

建築Studio_Kブログ

注文住宅の資金計画で押さえておきたいポイントとは?|水戸市で新築を建てる

「注文住宅での家づくりを検討しているけれど、どのように資金計画を立てたらいいのか分からない」
「資金計画を立てる上で、押さえておきたいポイントがあれば教えて欲しい」
注文住宅での家づくりを検討されている方の中には、資金計画に関して上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
資金計画は、土地選びや業者選びに並んで、家づくりをする上で非常に重要です。
適切な資金計画を立てられるかどうかで、今後の生活や住宅自体への満足度が大きく変わってきます。
そこで今回は、資金計画を立てる上で、押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。
 
□知っておきたい!資金計画の3つのポイント
資金計画を立てる上で押さえておきたいポイントにはどのようなものがあるのでしょうか?
次に、3つのポイントを順にご紹介します。
 
*現在の資金状況と今後の生活像を把握する
まず、現在の資金状況と今後の生活像を把握することが非常に大切です。
現在、最大でどのくらいの資金を自己資金として家づくりに利用できるのか、月々のローン返済額がどれくらいなら問題なく支払うことができるのかを、現在の経済状況を考えて見極めましょう。
また、今後どのような生活スタイルを営んで行くのかや、希望する子供の数や、どの程度の教育を受けさせてあげたいのか、ご両親を介護する予定があるのか、などのような今後の生活像を考えることで、月々の返済額を決める上での目安になります。
 
*土地代・建築費の両方を考える
必要になる費用を考える上で、土地代と建築費の両方の兼ね合いで考える必要があります。
捻出できる費用には限りがあり、無限にお金をかけられるという訳ではありません。
そのため、土地を重視する場合に建物の建築費への費用が少なくなる可能性や、建物自体にお金をかけたいという場に土地に費用をかけられないという状況にも陥ってしまう可能性があります。
こうした可能性を踏まえた上で、土地と建物のどちらに比重をおくのか、住宅と土地へのそれぞれの希望を加味して決めましょう。
 
*土地代・建築費以外にかかってくる費用を確認する
家づくりでは土地代・建築費以外にも様々な費用がかかります。
場合によっては大きな費用となりますので、どういった費用がかかるのかを調べ、どれくらいの費用になるのか確認しておきましょう。
 
□最後に
今回は、資金計画を立てる上で、押さえておきたい3つのポイントをご紹介しました。
家づくりを成功させる上で、資金計画は非常に大切です。
ぜひ今回の記事を参考にして、適切な資金計画を立ててくださいね。

土地探しで押さえておきたい3つのポイント|茨城県水戸市で注文住宅を建てる

「土地探しでどういった点に気をつけたらいいのか分からない」
「土地探しで押さえておきたいポイントがあれば教えて欲しい」
注文住宅での新築を検討されている方の中には土地探しに関して、上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
土地探しは業者選びとともに、注文住宅での家づくりを成功させる上で非常に重要なポイントです。
そのため、業者選び同様、土地探しも慎重に行う必要があります。
そこで今回は、土地探しの際に押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。
 
□土地探しで押さえておきたいポイント
土地探しで押さえておきたいポイントにはどのようなものがあるのでしょうか?
3つのポイントを順にご紹介します。
 
*電車などの交通の利便性
土地探しの際に一番気になるのは、その土地がどのくらい交通の便がいいのかということではないでしょうか?
勤めている会社へのアクセス、都心部へのアクセス、ご実家へのアクセスなど、候補となる土地のアクセス状況を調べておきましょう。
交通の利便性は、今後の生活の快適さを高める重要なポイントです。
土地探しの際は、電車のアクセスなどの交通の便を意識しましょう。
電車のアクセスだけでなく、高速道路でのアクセスや道路の混み具合なども重要です。
 
*医療施設などの周辺施設の利便性
次に押さえておきたいのが、医療施設などの周辺施設がどの程度、充実しているかというポイントです。
病院などの医療施設、公民館や小学校・中学校、市役所や郵便局などの公共施設の他にも、スーパーやドラッグストアなどの買い物ができる施設などの施設が充実しているかどうかは、今後の生活の快適さに大きく影響します。
そのため、周辺施設の利便性が高いかどうかはぜひとも押さえておきましょう。
 
*日当たり・風通しなどの立地環境
日当たり・風通しといった立地環境も土地探しで押さえておきたいポイントです。
日当たりや風通しは、周辺の建物や土地柄によって異なります。
候補を絞る際には、見聞きした情報だけでなく、実際に現地に赴いて確認することがおすすめです。
土地探しの際には、日当たりや風通しなどの立地環境にも気を配りましょう。
 
□最後に
今回は、土地探しの際に押さえておきたい3つのポイントをご紹介しました。
土地探しの際には、土地の広さや価格だけではなく、今回ご紹介したポイントも意識して土地を選んでいきましょう。
土地探しの際は、ぜひ今回の記事の内容を参考にしてみてください。

自然素材住宅の健康面でのメリットを紹介|水戸市で注文住宅を建てる

「自然素材での家づくりにはどういったメリットがあるんだろう」
「自然素材の家づくりの健康面でのメリットが知りたい」
自然素材での家づくりを検討されている方の中には、自然素材の家づくりの健康面でのメリットに関して上記のように感じている方も多いのではないでしょうか?
自然素材には、断熱性や耐久性が高いといったメリットだけでなく、健康面でも様々なメリットがあります。
そこで今回は、自然素材に関して健康面でどのようなメリットがあるのかをご紹介します。
 
□健康面でのメリット
自然素材住宅に関して健康面ではどのようなメリットがあるのでしょうか?
3つのメリットをご紹介します。
 
*自然由来の調湿機能で結露やカビが生じにくい
自然素材には、自然由来の調湿機能が備わっており、住宅内部の湿度を適度な状態に保ってくれます。
そのため、自然素材住宅ではその調湿機能から結露やカビが生じにくいというメリットがあります。
結露やカビは、住宅の劣化を促進させる以外にも、感染症やシックハウス症候群のリスクを高めるものとなっています。
そのため、結露やカビが生じにくいことで、そうした健康上のリスクを避けられます。
 
*化学物質を使用していないため安心できる
自然素材は自然由来のものであるため、人体に害を与えるような化学物質を使用していません。
そのため、有害な化学物質によるシックハウス症候群や、アレルギーの発症や悪化といったリスクを避けることが可能です。
1日の中でも多くの時間を住宅内部で過ごしていると、住宅に使用されている化学物質に大きな影響を受けてしまいます。
そのため、有害な化学物質を使用していない自然素材は、非常に安心できます。
また、化学物質を用いたものには自然素材に比べて耐久性に劣るものも多く、メンテナンスの回数という面でもメリットが大きいでしょう。
 
*豊かな香りでリラックス効果を発揮
自然素材には、自然由来の豊かな香りがあります。
床面に無垢材を使用した場合にもその効果が大きく、豊かな香りで非常にリラックスすることができます。
普段の何気ない生活の中で、リラックスできることでストレスが軽減するので、健康面において非常に高い効果を発揮するでしょう。
 
□最後に
今回は、自然素材に関して健康面でのメリットについてご紹介しました。
自然素材住宅には、今回紹介したもの以外にも様々なメリットがあります。
新築を検討されている場合は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

リノベーションの流れを紹介|水戸市で自然素材の家づくり

中古物件のリノベーションを検討されている方の中には、
「どういった流れでリノベーションをするんだろう」
と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?
リノベーションでは、新築の住宅を建てるのと同様に様々な行程があります。
また、新築を建てる際とは少し流れが違いますので注意が必要です。
今回は、リノベーションをする際の流れをわかりやすくご紹介します。
 
□リノベーションの流れ
中古物件のリノベーションを行う際には、どのような流れで進んで行くのでしょうか?
大きな3つの段階に分けてご紹介します。
 
*準備・プランの検討
まずは、どのような中古物件を購入するのか、どういった土地のものにするのかを決めていきましょう。
土地選び・建物選びはリノベーションを納得のいくものにする上で非常に大切なポイントです。
リノベーションをする際、元になる中古物件の構造を大きく変更できるわけではありません。
そのため、元となる中古物件選びが非常に大切にです。
 
また、どのような土地にすみたいのかも重視して土地選び・住宅選びを進めていきましょう。
物件を購入する際の予算、リノベーションを行うための予算、自己資金を考慮して資金計画を立てます。
新築物件とは違い、リノベーションの費用も比較的大きなものになると考えて資金計画を立てていきましょう。
土地選びや物件選びとともに、どういったリノベーションを行うかも考えていきます。
中古物件の状態によりリノベーションの規模も変化しますので、物件選び・資金計画とともに考えていきましょう。
 
*設計の決定と契約
土地選び・物件選び・資金計画・おおよそのリノベーション像が決まれば、具体的な設計を依頼していきます。
その後、業者の方が作成してくれた設計図を確認します。
最終的な見積もりが出た段階で、納得がいけば業者の方と契約を結びましょう。
契約が完了すれば、着工に向けた打ち合わせを行なっていきます。
 
*工事・引渡し
打ち合わせも完了し、準備が完了すればいよいよ工事が開始します。
工事期間中は何度か現場におもむいて、順調に工事が進んでいるか確認すると安心です。
工事が終われば、立会いをして不具合がないか確認します。
問題がなければ引渡しが行われます。
 
□最後に
今回は、リノベーションをする際の流れをわかりやすくご紹介しました。
土地選び・物件選びはリノベーションを成功させる上で非常に重要です。
ご家族の要望も聞きながら慎重に決めていきましょう。
リノベーションを検討されている場合はぜひ今回の記事の内容を参考にしてみてください。

自然素材の家づくりのメリットをご紹介|水戸市でリフォームをするなら

リフォームを検討されている方の中には、
「せっかくのリフォームだから、自然素材の家づくりを行ってみたい」、
「自然素材の家づくりのメリットがあれば教えて欲しい」
とお考えの方も多いのではないでしょうか?
自然素材の家づくりには、一般的な家づくりにはない様々なメリットがあります。
そこで今回は、自然素材の家づくりにどのようなメリットがあるのかをご紹介します。
 
□家づくり|自然素材のメリット
自然素材のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?
主なメリットを5つご紹介します。
 
*自然由来の調湿効果でスッキリ
自然素材を使用した壁や床には、自然由来の調湿性があり、夏場でもジメジメせずに快適に暮らせます。
また、調湿機能により、住宅内のカビや結露を防ぐことができるため、健康面でも調湿機能の効果を感じれます。
 
*高い断熱性がある
自然素材は、鉄やコンクリートなどに比べて、外部の熱に影響されにくいという特徴を持ちます。
そのため、太陽光によって温度が上昇しすぎるということもなく、冬の寒さの厳しい時期でも床が冷たくなりすぎるということもありません。
そのため、一年を通して快適に暮らすことができます。
 
*光熱費を抑えることができる
先ほどお伝えしたように、自然素材の家づくりは高い断熱性を誇っています。
そのため、冷暖房効率がよく、光熱費を抑えられます。
 
*リラックス効果がある
自然素材には、自由来の独特の香りがありリラックス効果を得ることができます。
また、この自然由来の独特の香りは、年月が経って消えてしまうということはなく、味わいを増しながらにおいの変化を楽しめます。
また、他の床材や壁材にはないような肌触りにも温もりを感じるリラックス効果があります。
 
*耐久性が高く孫の代まで引き継げる
自然素材でつくった家には、一般的な住宅に比べて、高い耐久性が備わっています。
従来の住宅が平均して30年ほどしか住むことができなかったの比べ、自然素材住宅では、適切なメンテナンスを行うことで子供や孫にまで引き継げるほど長く住めます。
健康に良い住宅を孫の世代まで引き継げるのは嬉しい点ではないでしょうか。
 
□最後に
今回は、自然素材の家づくりにどのようなメリットがあるのかをご紹介しました。
自然素材の家づくりには、一般的な住宅にはないさまざまなメリットがあります。
リフォームや新築をお考えの場合は、自然素材の家づくりも検討してみてはいかがでしょうか?
ぜひ今回の記事の内容を参考にしてみてください。

おしゃれな家づくり!デザイン性の高い注文住宅ができるまでの流れとは?|水戸市

「デザイン性の高い住宅を建てたいけど、どういった流れですればいいのか分からない」
「充実した家づくりにするために、基本的な流れを知っておきたい」
注文住宅での家づくりを検討されている方の中には、家づくりについて上記のようにお考えの方も多いのでないでしょうか?
デザインの自由度の高い注文住宅では、基本的な家づくりの流れを理解した上で、納得のいくデザインを検討していく必要があります。
そこで今回は、基本的な家づくりの流れについて分かりやすくご紹介します。
 
□家づくりの流れ
基本的な家づくりの流れはどのようになっているのでしょうか?
ここでは、順にご説明します。
 
*住宅のおおよそのイメージを固める
最初に重要になるのが、どういった住宅にしたいのかという、おおよそのイメージを固めることです。
この部分で理想的なイメージがまとまらなかった場合、今後の流れにも大きく影響します。
カタログや雑誌を集めて、広く情報収集を行いましょう。
モデルハウス見学などにも参加して情報収集を行い、住宅の外観や内装・間取りのイメージを固めましょう。
具体的な間取りイメージを考える際は、モデルハウス見学でサイズ感を確認しておくと非常に便利です。
 
*家族と相談しながら土地選びを行う
住宅のおおよそのイメージが決まれば、ご家族と相談しながらどういった土地に住みたいのかを検討しましょう。
交通の利便性や、近くにどういった施設が欲しいのか、会社や学校からの距離や地域の雰囲気はどうかなど、インターネットで調べたり、実際に現地に赴いて確認したりしてある程度の地域を決めましょう。
他にも、不動産業者の方のアドバイスを聞くこともおすすめです。
 
*現地調査や地盤の調査を行ってもらう
おおよその住宅のイメージと、土地の候補が決まれば、業者に依頼して、現地調査や地盤の調査を行ってもらいます。
現地調査や地盤の調査は今後の家づくりを安心・安全で納得のいくものにする上で、非常に重要です。
 
*デザインや間取りの設計をしてもらう
調査で問題がなければ、事前に決めておいた住宅のイメージをもとにデザインや間取りの設計を行ってもらいましょう。
 
*納得が行けば契約を結ぶ
設計に関して、納得の行く状態になれば契約を結びます。
 
*着工・完成・引渡し
契約が結び終わればいよいよ着工です。
着工が順調に行けば、完成・引渡しです。
 
□最後に
今回は、基本的な家づくりの流れについて分かりやすくご紹介しました。
家づくりの際は、ぜひ今回の記事の内容を参考にしてみてくださいね。

注文住宅で取り入れたいおしゃれな間取りとは?|水戸市で家を建てる

「せっかくの注文住宅だから、おしゃれな間取りにしたい」
「おしゃれな間取りにする上で、取り入れておきたい間取りがあれば教えて欲しい」
注文住宅での家づくりを検討されている方の中には住宅の間取りに関して上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
間取りは住環境を快適なものにする上でも非常に重要ですし、「人生で一番の買い物」と言われる家づくりですので、家を納得のいく空間にしたいですよね。
そこで今回は、注文住宅で取り入れておきたいおしゃれな間取りについてご紹介します。
 
□取り入れたいおしゃれな間取り
注文住宅で取り入れたいおしゃれな間取りにはどのようなものがあるのでしょうか。
ここでは4つの間取りをご紹介します。
 
*対面キッチン
ぜひ取り入れたいおしゃれな間取りは、対面キッチンです。
人気の高い間取りで、取り入れるだけで洋風な雰囲気を演出できるだけでなく、個性も出やすくおしゃれな間取りとなっています。
また、おしゃれなだけでなく、リビングにいる家族の様子を伺いながら、家族と話しながら作業ができるという点でも人気です。
 
*リビング階段
リビング階段もおしゃれな間取りとして非常に人気です。
リビングと繋がっている階段で、リビングを空間的に広く見せることができます。
また、2階に上がるためには必ずリビングを通るようになるので、家族同士で顔を合わせる回数も増えて、家族間のコミュニケーションが活発になったという意見も多いです。
家族の円滑なコミュニケーションも生み出すことができるので非常におすすめです。
 
*吹き抜け
吹き抜けは、リビング階段と一緒に取り入れられることの多い人気の間取りです。
1階と2階を空間的に繋げているので、開放感があり快適な住環境を実現できます。
また、空間的に1階と2階が繋がりますので、下の階にいる状態でも、2階にいる家族の雰囲気を感じることができ、家族間のコミュニケーションを円滑にする上でも非常に効果的です。
吹き抜けとともに天窓を設けると、自然光も取り入れることができて非常におすすめです。
 
*和室
リビングに隣接した和室も人気な間取りです。
襖を開けることで、リビングと空間的に一体化させることができるなど、空間を広く演出することができます。
 
□最後に
今回は、注文住宅で取り入れておきたいおしゃれな間取りについてご紹介しました。
住環境を考える上でも間取りは非常に重要です。
間取りを考える際は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

水戸市で自然素材の家づくり|デザイン住宅で気をつけたいポイントとは?

「デザイン性の高い住宅を建てたいと考えているけど、注意すべき点や気をつけておきたいポイントがあれば教えて欲しい」
注文住宅でデザイン性の高い住宅を検討されているという方の中には、デザイン性の高い住宅における注意点に関して上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
注文住宅はデザインの自由度の高いので、せっかくならデザイン性の高い住宅を考えたいところですよね。
しかし、デザイン性の高い住宅には、一般的な住宅にはない注意点がいくつか存在します。
そこで今回は、デザイン性の高い住宅を建てる上で気をつけておきたいポイントをご紹介します。
 
□デザイン住宅で気をつけたいポイント
デザイン性の高い住宅を建てる上でどういったポイントに気をつけてるといいのでしょうか?
ここでは、順にご紹介します。
 
*メンテナンスを行いやすくする
デザイン性の高い住宅に多いのが、メンテナンスのことを考えずに建ててしまったがために、メンテナンスしづらくなるという問題です。
煩わしい照明の交換や、屋根のメンテナンス、住宅内部の日々のメンテナンスのやりやすさなど、メンテナンスをしやすいかどうか、間取りやデザインを考える際に考慮しましょう。
今後30年以上住む可能性のある住宅です。
デザインを考える上で、長期的な視点に立って考えましょう。
 
*デザイン性と同時に耐震性にも気を配る
標準的な設備で耐震性が高くなっている場合でも、デザイン性を重視するあまりに、耐震性が低くなってしまうということが多くなっています。
構造上安定しないデザイン、耐久性が低く地震に弱くなってしまっているデザインなど、デザイン住宅を建てる際には、デザイン性を重視するあまり、構造に支障をきたしてしまっていないかに注意しましょう。
 
*ランニングコストが高くならないか
デザイン性を求めるあまり、断熱性能や気密性・耐久性という面で性能が劣ってしまう可能性があります。
その場合、冷暖房の効きが悪くなって光熱費が高くなってしまったり、また耐久性の低さからメンテナンス費用がかさんでしまったりと、住宅のランニングコストが高くなってしまいます。
 
□最後に
今回は、デザイン性の高い住宅を建てる上で気をつけておきたいポイントをご紹介しました。
デザイン住宅では、デザイン性を重視するあまり、支障をきたしてしまう場合があります。
デザイン性に加えて、今回ご紹介したようなポイントにも注意して、家づくりを行いましょう。

自然素材の家のメリットとデメリット|水戸市でリフォームするなら

「自然素材の家って何がいいの?」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
これから自然素材を使った家にリフォームしようとお考えの方は、その良さについて気になるものですよね。
 
従来の家のような素材を使わず、自然素材を使うということには、どういったメリットやデメリットがあるのでしょうか。
そこで今回は、「自然素材の家のメリットとデメリット」についてご紹介します。
 
□自然素材のメリット
*シックハウス症候群にならない
シックハウス症候群とは、建材・内装等に使用されている化学物質などが原因で、倦怠感・めまい・頭痛などの症状が出る体調不良を指します。
自然素材の家の場合は、素材に化学物質が使われていません。
そのため、シックハウス症候群を引き起こす恐れがなく、健康にとって良いと言えますよね。
 
*風合いが楽しめる
従来の住宅において経年変化とは、そのまま劣化を意味することがほとんどですよね。
しかし、自然素材の場合は、経年によって見た目が変わると同時に味のある風合いが出てきます。
そのため、よりその家に愛着が湧くでしょう。
長く住んでも飽きない内装というのは理想的ではないでしょうか。
 
*機能性
自然素材としてよく使われる無垢材や珪藻土、漆喰などの素材は、様々な機能を持っているため、室内環境を快適なものにしてくれます。
無垢材のような木材には、断熱性や保温性があるため、季節を問わず、頻繁にエアコンを使わなくても快適な室温を保つことができます。
また、壁に使われる珪藻土や漆喰には、調湿性があるため、湿度を快適な状態に維持することが可能です。
 
□自然素材のデメリット
一方、自然素材の家にはデメリットも存在します。
 
*キズ・反り・ひびが生じる
自然素材のデメリットとして、キズ・反り・ひびが起きてしまうことが挙げられます。
自然素材は過度に乾燥してしまうと、ひびが生じたり、反りが起こったりすることがあります。
これを防ぎ、長持ちさせるためには日々の手入れと定期的なメンテナンスが必要です。
従来の家の場合は、普通の掃除に加えて素材の手入れが必要になることは少ないですよね。
そのため、素材へのお手入れやメンテナンスが少し面倒に感じるかもしれません。
 
以上、自然素材の家のメリットとデメリットについてご紹介しました。
自然素材の家にリフォームすることをお考えの方は、今回の内容を参考にしてみるといいかもしれませんね。
 
メンテナンスについては、費用がかかるものの適切な手入れを行うことで世代を超えてその家を使うことができます。
そのため、長期的にはお得であると捉えることもできます。
自然素材の家にリフォームするなら、ぜひ一度建築Studio_Kにご相談ください。

自然素材の家にリノベーションしよう!|水戸市の方は必見

「家をリノベーションしようかな。」とお考えの方はいらっしゃいませんか?
リフォームや新築ではなくリノベーションをするなら、自分好みで生活のしやすい家を実現したいものですよね。
実は、リノベーションをするなら自然素材を使うことがおすすめです。
 
では、なぜ自然素材の家がおすすめなのでしょうか。
今回は、「自然素材の家の魅力」についてご紹介いたします。
 
□自然素材は機能性が高い
そもそも自然素材の家とは、化学物質を使う新素材をなるべく使わずに、自然由来の素材を多く使った家のことをいいます。
素材が自然のもの特有の機能をもつため、家電に頼らずとも快適な空間を作ることができるのです。
 
*壁には珪藻土や漆喰
壁に使われる自然素材の中では、珪藻土や漆喰がその機能性の高さから人気です。
調湿作用や空気の清浄作用を素材が持っているため、室内湿度を自然にコントロールして、また部屋に残る嫌な臭いも吸収してくれる働きを持ちます。
 
*無垢材は肌触りもいい
フローリングに無垢材を使うと、素材自体が呼吸をし、調湿するため、室内の湿度が高くてもベタついた感触にならず、常にさらっとした感触が維持されます。
裸足で生活しても快適に過ごせるというのは、無垢材を使うメリットであるといえますよね。
 
□自然素材を長持ちさせるには?
自然素材は経年変化をします。
それは、一概に劣化とはいえませんが、長くその素材を使うためにはメンテナンスする必要があります。
この日頃のメンテナンスやお手入れ次第で、他の素材同様に長持ちさせることも可能です。
 
*手入れの方法
無垢材のフローリングの場合、お手入れをする際には基本的には、乾拭きをしましょう。
もちろん汚れが目立っているときは、堅く絞った布で水拭きをすることで、汚れを取り除くことができます。
キズが付いている場合は、市販のペーパーヤスリなどでキズを目立たなくすることができます。
 
この方法は、珪藻土や漆喰の壁にキズが付いたときにも効果的です。
既製品の素材のように、洗剤をつけてゴシゴシ洗うことはできませんが、自然素材はお手入れするごとに違った風合いを感じることができます。
 
以上、自然素材の家の魅力についてご紹介しました。
これからリノベーションをお考えの方は、ぜひ一度自然素材についても検討してみてはいかがでしょうか。
自然素材は、素材の変化をも楽しめ、機能性もある、暮らしを豊かにしてくれるものです。
自然素材の家なら、建築Studio_Kにご相談ください。