ホーム>建築Studio_Kブログ>2018年4月

2018年4月

茨城県水戸市で注文住宅!知っておきたい土地探しの2つのポイント

「どのような土地に家を建てればいいのかわからない。」
「注文住宅を購入する上で、土地選びのポイントを知りたい。」
 
このように土地に関するお悩みをお持ちではありませんか。
 
新築を建てる中で、土地選びは非常に重要になります。全く新しい地域や環境で生活をする場合は、十分検討して納得できた土地を購入し、家を建てたいですよね。
 
今回は、注文住宅の購入をお考えの方に、知っておきたい土地選びのポイントをご紹介します。
 
以下の内容を参考にして、ぜひ理想の家づくりのための土地探しを行いましょう。

●周りの環境を考える

探した土地に家を建てて新たな生活を送るためには、周りの環境を把握する必要があります。
生活する方にとって、必要になる社会環境はそれぞれ異なりますよね。
 
例えば、会社勤めのサラリーマンであれば、会社からの距離や、交通の利便性が重要となります。
毎日料理を行う主婦であれば、スーパーやコンビニなどの食料品店の有無、往復の道路整備が大切でしょう。
お子さんがいる場合は、学校までの距離や図書館の有無、公園といった遊び場は必要となります。
 
また、山や川、寺院や神社などの自然環境は、毎日の生活をより豊かにするためには非常に大切な要素になります。
緑の多い土地で生活を行うと、心が落ち着きますし、お子さんにとっては感受性の豊かな成長が期待できますよね。
 
このように、それぞれ重要視する社会環境や自然環境は異なります。あらかじめ理想の環境であるのか確かめておきましょう。

●土地の地盤そのものを確かめる

周りの環境だけでなく、家を建てる地盤の状態の確認も必要になります。
 
家の耐震性や耐久性を求めたとしても、地盤そのものが軟弱であった場合は、まったく意味がありません。地盤が緩いために外壁に負担がかかり、ひび割れが生じる場合や、家自体が傾いてしまった、という事例もあります。
 
地盤の良し悪しは、どのような種類の土で構成されているのかが大きなポイントになります。砂や粘土、火山灰など、種類によって特徴が異なり、地盤の機能性も異なります。
 
土地が悪いという理由で、数年後とんでもない問題が発生しないためにも、土地の購入の前には、一度地盤の調査を行うことが大切です。
 
土地周りの地盤を見て直接判断するか、もしくは専門の業者に調査を依頼しましょう。

〇最後に

今回は、注文住宅を検討している方に、土地探しのポイントを2つご紹介しました。
 
土地探しは、重要となる周りの環境の整備だけでなく、その土地自体の特徴を考慮する必要があります。
 
あらかじめしっかりと確認や調査を行い、失敗しない家づくりをしましょう。

水戸市で注文住宅を建てよう!おしゃれな間取りをご提案します!

「注文住宅の間取りはオシャレに、魅力的にしたい。」
「オシャレな間取りにするためには、具体的にどのようにしたらいいのかわからない。」
 
このように、注文住宅やリノベーションなど、家づくりに関する部屋の間取りにお悩みをお持ちではありませんか。
 
家の内装はオシャレにしたいですが、実際どのような間取りにすればいいのか迷ってしまいますよね。個性的な間取りにしたい方や、快適面や健康面を重視させる方もそれぞれいらっしゃいます。
 
今回は、間取りにお悩みをお持ちの方に、お勧めしたい間取りを3つご提案させて頂きます。

●開放感と「吹き抜け」がある間取り

天井を高くする、明るい印象の壁紙を用いるなど、開放感がある間取りは、窮屈感なくのびのびした生活が可能です。
 
また吹き抜けを用いた間取りもお勧めです。吹き抜けとは、上階部の床をつくらず、下階と連結させて、天井をより高くした間取りです。
全体を完全に吹き抜けにするだけでなく、リビングやダイニングなど、一部の部屋に吹き抜けを用いるという方法もあります。
 
高い窓から入った日の光が吹き抜けを通して家全体を照らすので、余計な電気を使用せず省エネ効果が期待できますね。

●2階にリビングがある間取り

一戸建てであれば、通常1階にリビングやダイニングの間取りを計画することが多くなります。
 
しかし今回は、2階にリビングがある間取りをご提案します。
2階にリビングがあれば、1階から見る窓の外の景色より、2階から見る景色の方が良く、気持ちがよい光が入りますよね。
また2階や屋上のベランダで、アウトドアリビングがある間取りは、休日のバーベキューや食事など楽しみ方が増えます。
 
高い場所に家族が集まれば、今までにない日常が期待できます。

●対面キッチンがある間取り

対面キッチンの最大のメリットは、壁に向かって料理しないため、疎外感を抱かないという点です。
対面キッチンは壁付けのキッチンより、広いスペースを使用するので、面積の兼ね合いで決めることが必要となります。
 
リビングにいる家族を見ながら、会話を楽しみながら料理を行うことで、毎日の食事がより楽しくなります。また、小さなお子さんがいるご家庭でも、安心して料理ができますよね。

〇最後に

今回は、オシャレな間取りを目指す方のために提案したい間取りを3つご紹介しました。
 
家の内装は、間取りで決まります。オシャレな間取りにするためには、あらかじめしっかりと検討を重ね、十分な準備や計画を行いましょう。

コスパで考える「自然素材の家のリフォーム」|水戸市建築業者が解説します!

リフォームをする際に、通常のリフォームと自然素材を用いたリフォームでは、価格や機能性でどのくらい異なるのでしょうか。
今回は、水戸市の建築業者が、通常のリフォームと自然素材に変更するリフォームに関して、コストパフォーマンスについてお話ししていきたいと思います。
 

■通常の家と自然素材の家のコスト

 
新しい家を建てるとした場合、注文住宅は一坪あたりおおよそ50万円、自然素材の家は一坪あたり55万から60万円ほどかかると思っていただいてよいです。
通常のリフォームと自然素材のリフォームの価格比はおよそ5:6となります。
 
(コストは、木造やコンクリート造りなどの家の造り方や、家の大きさによって変わってきます。
そのためまずはコストの比で考えるのがおすすめです。)
 
この価格比は、リフォームの場合でも同様です。通常のリフォームで300万円かかるとしたら、自然素材の場合は360万円ほどとなります。
あくまでも目安なので、業者に必ず見積もりを出してもらってください。

■通常の家と自然素材の家のパフォーマンス

 
通常の家では、化学物質が含まれている場合があります。そのような家では、毎日化学物質を浴びながら生活することになります。
一方で、自然素材の家なら、化学物質は一切含まれていないため健康的な毎日を送ることができます。
 
さらに、自然素材の特徴でもある断熱性・気密性の高さも享受できます。
断熱性・気密性が高いと外気温の影響を受けにくく、夏でも暑すぎず、冬でも寒すぎない生活が送れます。
 
加えて、自然素材は耐久性が高いのでかなり長持ちします。
また、自然素材は落ち着きのある見た目と経年による変化の楽しみがあることでも人気です。
 
皆さまは、これらのパフォーマンスについてどのように感じますか?
通常のリフォームより自然素材へのリフォームの方が値段はやや高くなりますが、自然素材のメリットに興味が湧いた方にとっては、コストパフォーマンスに優れているという印象を抱いたのではないでしょうか。
 

■おわりに

 
通常のリフォームの値段も、自然素材へのリフォームの値段もそれぞれの家によって異なるので、正確な値段を知りたいならば見積もりを受けてください。
 
通常、リフォームした際の耐用年数と自然素材の耐用年数にも注意する必要があります。
自然素材の方が少々値段は高くなりますが、機能性やデザイン性に優れています。
コストパフォーマンスが良いと感じられた方は、ぜひ自然素材の家へのリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

自然素材の注文住宅はなぜ「健康」といわれるのか?|水戸市の建築業者が解説します!

自然素材は健康にいい!と聞いたことはありませんか?
自然という名前だけあって健康に良さそうと感じる方は多いかもしれませんが、なぜ健康に良いのか説明できる方は少ないのではないでしょうか?
それでは、今回は水戸市の専門建築業者が「なぜ自然素材の住宅は健康といわれるのか」についてお話ししたいと思います。
 

■自然素材が注目され始めた経緯

 
少し前に「アスベスト」がニュースになったことを覚えていますでしょうか。
アスベストは昔、住宅の建材や塗料などに使われていた有害物質で、人体に悪影響を及ぼすことから2004年以降、全面禁止されました。
この時期から、住宅の健康志向が強まり、自然素材が注目され始めたという説があります。
 

■自然素材は実際健康にいいのか

 
以前は建材に有害物質が使われていました。現在もアスベストではありませんが、少量の有害物質が使われている場合があります。
しかし、自然素材は有害物質が一切使われておらず、シックハウス症候群やアレルギーの心配がほとんど無いというメリットがあります。
有害物質が含まれていないという意味で「健康」と言われています。
 

■自然素材以外の素材はどうなのか

 
自然素材ではないからといって全てに有害物質が入っているわけではありません。
最近では、住宅の健康志向の風潮もあって建材も進化してきており、有害物質を入れることなく高性能の家を作ることができます。
ですが、未だに有害物質が入っている建材もあるので、詳しいことは業者に相談するのが良いでしょう。
 

■自然素材のメリットは「健康」だけではない

 
自然素材以外の素材も無害になっているため、自然素材じゃなくても良いのではないかと思う方もいらっしゃると思いますが、自然素材の良い点は「健康」だけではありません。
自然素材は耐久性が高く、その強度はコンクリート並みともいわれています。
 
また、断熱性・気密性に優れており、外気温に関わらず室内の温度を一定に保つことができます。
そして、なんといっても自然の素材という感触や見た目に魅力を感じる人も多いのです。
 

■おわりに

 
昔は家の建材などに使用されていたアスベストが社会問題になり、それから自然素材が注目を浴びるようになりました。
自然素材が健康と言われている理由は、有害物質が含まれていないということです。
最近では、住宅の健康志向の風潮から無害で高性能の素材も出てきていますが、自然素材にしかないメリットはたくさんありますので、一度自然素材の住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

茨城県水戸市での土地の探し方!注文住宅をお考えの方必見です!

茨城県水戸市にお住まい予定の方、こんにちは!
今回は、水戸市で活動している建築業者が、水戸市での効果的な土地の探し方についてお話しします。
土地探しの基礎知識についても説明します。
 

■土地探しの基礎知識と水戸市の土地について

 
〇その土地の気候を知る
地域によっては、夏はとても暑かったり、冬はとても寒かったり、降水量がかなり多い地域だったりと特徴があります。
ご自身がお住まいになられる地域なので、気候の特徴を知っておくと、それにあった土地選び、家のプラン立てができます。
茨城県水戸市の場合は、比較的温和で降雨以外の災害も少ないので、土地選びの際に気候を考慮する必要はなさそうです。
 
〇業者に相談する前に、理想の土地の条件を考える
土地を探す際には、家を建てる際の業者が土地を探すサービスも行っている場合はその業者に依頼し、そうでなければ不動産会社に依頼します。
業者に相談する際に、「良い土地を教えてください」と言っても、人によって「良い」の価値観は異なるため、業者がお客様に合う土地を探すのは難しいです。
 
例えば、駅からどのくらいの距離であるか、どのくらいの大きさの土地なのか、予算はどのくらいかを決めてから相談しましょう。もっと具体的に家のプランも考えていくと良いかもしれません。
 
〇土地の相場はどのように知るか
自分が購入する土地が割安なのか割高なのかを知りたいですよね。そのような場合は「路線価」を用います。
国税庁のホームページから、その地域の路線価を調べ、路線価を0.8で割ると相場の価格が算出されます。
その相場よりも値段が安ければ、割安の可能性が高いです。
 
ちなみに、茨城県の平均路線価は1坪11.6万円で、水戸市の場合は1坪17.8万円です。
このように比べると、水戸市は茨城県の中でも土地の値段が高く、人気があることが分かります。
 
〇景観条例などの規制を調べる
地域によっては景観条例などで、住宅の高さなどを規制しているところもあります。お住まい予定の地域に景観条例のようなものが存在するかどうかを確認する必要があります。
水戸市の場合は、景観計画はありますが、住宅の規制はいまのところ無いようです。
 

■おわりに

 
水戸市で土地をお探しの方に向けて、土地の探し方についてお話ししました。
土地は大きなお買い物なので、慎重に選びましょう。その人に合った土地、その地域に合った土地を選ぶことで、土地購入の失敗は防げます。満足の行く土地探しをおこなってくださいね。

自然素材の家にリノベーションするメリットとは|水戸市建築業者が解説します!

「より健康的な暮らしがしたい」
「体の弱い人、子どもでも安心して暮らせる家にしたい」
 
このような願望をお持ちの方は、自然素材を使用した家にリノベーションすることをおすすめします。
では、自然素材の家のメリットと、どのような自然素材があるのかをご紹介します。
 

■従来の家の特徴を知る

 
従来の家は、有害物質が含まれる建材を使用しており、シックハウス症候群と呼ばれる健康被害に遭ったり、化学物質に敏感な方の場合、アレルギーを引き起こしてしまったりします。
現在では、アスベストは完全に使用禁止されていますが、国が認めた範囲内で化学物質は使用されていることもあります。
 

■自然素材の家の特徴を知る

 
自然素材は、全て自然のものを使用しているため、化学物質が一切含まれていません。
赤ちゃんも高齢者の方も、体が弱い方も安心して暮らすことができます。
 
また、耐久性にも優れており、その強度はコンクリートで建てられた家にも劣らないと言われています。
このような理由で、健康に配慮した暮らしがしたい方は自然素材の家にリノベーションすることをおすすめします。
 

■どのような自然素材があるのか

 
〇漆喰塗り壁材
漆喰は主成分として石灰が含まれており、そのアルカリ成分が消臭効果を発揮しカビの発生を防ぐことができます。
さらに、湿度を調節する機能性も持ち合わせており、快適な空間を作り出すことができるメリットもあります。
 
〇自然塗料
自然塗料は、天井・フローリング、壁などに塗装していくのですが、質感や風合いを変えて楽しむことができます。
水をはじく機能もあるので、飲み物をこぼしてもシミになりにくいというメリットがあります。
 
〇無垢材
通常家を建てる際は、木を接着して組み合わせるのですが、無垢材は木を接着させずそのまま使用する手法で、より天然な木の質を楽しむことができます。
湿度調節の機能もあるので、快適空間を演出でき、先ほどの自然塗料と組み合わせることで、また新たなテイストに仕上げることもできます。
 

■おわりに

 
従来の特徴では、健康被害が起こる可能性があることをご紹介しました。国が法律で化学物質の使用量を決めているので、基本的には健康にほとんど問題ありません。
しかし、少しも化学物質を使用していない健康的な家に住みたい方は自然素材を使用した家をおすすめします。
 
「費用をできるだけ抑えたい」「こだわりがあるから聞いてほしい!」「機能性だけでなくデザインも相談したい」といった要望をお持ちの方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

注文住宅の間取りが魔法のようにおしゃれになる方法とその注意点|水戸市の建築業者が解説します!

注文住宅の間取りをおしゃれにしたいという方は多いのではないでしょうか。
ただ、おしゃれといってもどのようにおしゃれにするかは難しいところですよね。
そこで、今回は間取りをおしゃれにする方法についてお話ししたいと思います。
 

■おしゃれな間取りにするためには

 
〇家具
間取りをおしゃれに見せるための最も重要なポイントは家具といって良いでしょう。
では、家を作ってしまってから家具を考えれば良いのでしょうか?答えはNoです。
 
どのような家具をどのあたりに置きたいのかをイメージしながら家づくりをするのが最も効果的です。
壁の色との調和も大切にしたいところですね!
 
注意点としては、家具のデザイン性にこだわりすぎると、家具自体の機能性が落ちたり、住み心地の悪い家になったりすることです。
動線を意識しながら配置すると良いでしょう。
 
〇おしゃれな構造を取り入れる
おしゃれな構造というのは、例えばウォークインクローゼットや、ルーフバルコニー、ウッドデッキなどです。
値段は高くなりますが、見た目がおしゃれです。
 
さらにルーフバルコニーやウッドデッキはティータイムなどの優雅な時間を過ごすことができます。
ただ、使わなくなったり、メンテナンスしなかったりしたらあっても意味がないので、将来のことも考えておきましょう。
 
〇ウォークインクローゼット
ウォークインクローゼットとは、人が歩いて入れるクローゼットの事で、見た目のデザイン性だけでなく、収納スペースを多く確保できるというメリットもあります。
大きいものも収納でき、一カ所にものを集めることができるため、整理しやすいという特徴があります。
デメリットとしては、一カ所にまとめるからこそ散らかりやすかったり、湿気がこもりやすかったりすることが挙げられます。
 
〇ルーフバルコニー
ルーフバルコニーは屋上のバルコニーのことで、ちょっとした遊びをしたり、交流したりして使えたりします。
洗濯物を干せるなどのメリットもありますが一方で、雨漏りしやすかったり、施工費用や維持費が高かったりするデメリットもあります。
 
〇ウッドデッキ
ウッドデッキは子どもやペットにとっての遊び場になり、趣味やバーベキューを楽しむこともできます。
フェンスを付けるとプライバシーを守りつつ開放感を得られるというメリットもあります。
しかし、メンテナンスや日々の手入れが大変で、維持費がかかるというデメリットもあります。
 

■おわりに

 
内観をおしゃれにするためには、間取りを工夫するのも良いですが、家具を工夫しても見栄えが良くなります。
ウォークインクローゼットやルーフバルコニー、ウッドデッキはそれぞれメリットとデメリットがありますが、おしゃれさを重視し、うまく使いこなせそうであれば導入してみても良いかもしれませんね。